ハワイ海洋散骨サービス アロハヘブンセレモニー

お問い合わせ・資料請求はこちらから、お電話は0120-81-1059まで

ホーム > FAQ

FAQ

海洋散骨のなぜ ?にお答えします。

Q1粉骨ってどうしてするの?

Q1粉骨ってどうしてするの?

Answer Answer

周囲への配慮として、2mm以下のパウダー状にすることが奨励されています。
散骨自体は、ご家族の手で行うこともできますが、身体的・精神的におつらいと存じますため、
散骨とセットで粉骨を承っています。

Q2遺骨は全部散骨するの?

Q2遺骨は全部散骨するの?

Answer Answer

散骨するご遺骨の量に、制限はありません。
全てのご遺骨を散骨することも勿論可能ですし、一部のみという方もいらっしゃいます。
全てのご遺骨を散骨するよりも、一部をお手元に残されることをお勧めしています。

Q3服装はどうしたらよいの?

Q3服装はどうしたらよいの?

Answer Answer

喪服である必要はありません。
ハワイ現地の正装は、アロハシャツやムームーですが、そこにこだわる必要もありません。
カジュアルで心地よい服装の方が、お気持ちをセレモニーに集中しやすいのではないでしょうか?

Q4散骨の時に一緒に海に投げ入れてよいものは?

Q4散骨の時に一緒に海に投げ入れてよいものは?

Answer Answer

海は大切な自然環境ですから、環境破壊につながるものは
当然いけません。
花束を包むセロファンなどもこれにあたりますので、
原則は当方で用意したレイやお花をご一緒に投げ入れていただきます。

Q5遺骨を移動するのに必要な物は?

Q5遺骨を移動するのに必要な物は?

Answer Answer

ハワイへご遺骨をお持ちになる際は、スーツケースなどに入れず、手荷物として持っていきます。
出国手続きの際に説明が出来るよう、死亡診断書及び埋葬許可証の英訳、または英訳を書き込んだものを携行してください。

Q6解約する場合は?

Q6解約する場合は?

Answer Answer

契約約款を基に、キャンセル料を承ります。

Q7海洋散骨は法的に問題ないのですか?

Q7海洋散骨は法的に問題ないのですか?

Answer Answer

国内においては、葬送のため祭祀として節度をもって行われる限りは、遺骨遺棄罪(刑法190条)にあたらないとされています。また、墓地、埋葬等に関する法律には散骨を禁止する規定はなく、法規制の対象外とされています。
また、ハワイ州の州法では散骨に対する規制は特にありませんが、連邦水質汚染防止法により、海岸より3マイル以上沖合で散骨しなければいけないという決まりがあります。
当社では、祭祀として節度をもった散骨を実施しておりますので、ご安心ください。

お問い合わせ・資料請求はこちらから

ウェブからはこちら0120-81-1059

お問い合わせ・資料請求はこちらから

ウェブからのお問い合わせ・資料請求
0120-81-1059

Facebookページ
Copyright © ALOHA HEAVEN CEREMONY All Rights Reserved.